Browsing articles tagged with " TextView"

TextViewの使い方 / Getting Started

9月 17, 2011   //   by UpDown-G   //   アプリケーション  //  No Comments

どんなアプリケーションを作成する時でも、必ずどこかでテキストを表示すると思います。
本エントリでは、Androidでテキスト表示を行う際には欠かせないViewである、
TextViewの利用方法についてLayoutファイルへの記述とソースコード上での記述を比較しながら
紹介していきたいと思います。

よく使われるTextViewクラスのメソッドは以下表の内容になります。

メソッド名説明
TextViewクラスのsetTextメソッド
表示するテキストデータを指定するときに使用します。
TextViewクラスのsetTextSizeメソッド
表示するテキストデータのサイズを指定するときに使用します。
TextViewクラスのsetTextColorメソッド
表示するテキストデータの色を指定するときに指定します
TextViewクラスのsetGravityメソッド表示するテキストデータの表示位置(左寄せ、右寄せなど)を指定するときに使用します。
TextViewクラスのsetCompoundDrawablesメソッドTextViewに付随させる画像イメージを表示するときに使用します。上下左右に画像を付加することができます。
TextViewクラスのsetTypefaceメソッド
表示するテキストデータのフォントやスタイル(BOLD、ITALICなど)を指定するときに使用します。

また、上記TextViewクラスメソッド以外にも下記メソッドを使用しています。
メソッド名説明
ViewクラスのsetBackGroundColorメソッドViewのバックグラウンドの色(背景色)を指定するときに使用します。主なGUIコンポーネントはViewクラスを継承しているため、様々なコンポーネントに対し使用することができます。
ContentWrapperクラスのgetResourcesメソッド
Resourceのオブジェクトを取得するときに使用するメソッド。ContentWrapperクラスはContextクラスを継承しており、Activityクラスから呼び出す事が可能です。
ResourcesクラスのgetDrawableメソッド
アプリケーションのパッケージ内、drawableディレクトリに保存しているデータにアクセスするときに使用します。

以上のメソッドについて、本エントリでは紹介していきます。
それでは続きをどうぞ

Read more >>

TextViewにWebサイトへのリンクを作成する

4月 2, 2011   //   by UpDown-G   //   ユーザインターフェース  //  No Comments

AndroidのViewの一つであるTextViewでは、WebサイトのURLメールアドレスに対してリンクを張ることが可能です。
今回は簡単な自己紹介画面を作成し、String型の文字列に定義したブログのURLやメールアドレスに、リンクを作成する方法をご紹介します。

続きをどうぞ

Read more >>

EditTextの入力制限を行う

3月 15, 2011   //   by @mhidaka   //   ユーザインターフェース  //  コメントは受け付けていません。

EditTextのInputType(入力制限/値のバリエーション指定)を紹介します。EditTextは ClipboardManagerを使用してテキストのコピーと貼り付けを行う(Android3.0版) や AlertDialogで文字を入力する(2) – カスタムダイアログ などUIを構成するウィジェットとしてなくてはならないコンポーネントです。

今回は入力制限/値のバリエーションについて、わかりやすく一覧表(後述)にまとめました。入力値の設定方法、使い方、サンプルコードは以下の通りです。

  • EditText#setInputType(int type)

EditText#setInputTypeメソッドを使い様々な入力規則、種類を表現することができます。引数int typeはandroid.text.InputTypeを使います。以下のサンプルのように複数の設定をOR演算で与えることが可能です(ビット演算可能)

パスワードの入力の場合: et.setInputType( InputType.TYPE_CLASS_TEXT |
InputType.TYPE_TEXT_VARIATION_PASSWORD);

import android.text.InputType;

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);

        EditText et = (EditText)findViewById(R.id.editText1);
        //パスワード入力
        et.setInputType( InputType.TYPE_CLASS_TEXT | InputType.TYPE_TEXT_VARIATION_PASSWORD);

    }

InputTypeまとめ

以下にInputTypeをClass、バリエーション、フラグでまとめました。続きからどうぞ

Read more >>

Drag and Dropを用いてViewをドラッグする

2月 19, 2011   //   by UpDown-G   //   アプリケーション  //  No Comments

android3.0から、startDrop()メソッドをViewにセットすることで、容易にドラッグ&ドロップできるようになりました。

今回、TextViewをドラッグ可能にカスタムし、ボタン上をドラッグさせ、最後にボタン上にドロップすることで、Buttonの色を変化させるサンプルについて説明します。

サンプルは、わかりやすいようにシンプルに記述しております。

※現在公開されているHoneycombのSDKはプレビュー版の為、正式版では実装が異なる可能性があります。

それでは続きをどうぞ、、、

Read more >>

AutoCompleteを使う

2月 1, 2011   //   by @mhidaka   //   ユーザインターフェース  //  No Comments

AutoCompleteTextViewを使うと、オートコンプリート機能でテキスト入力を支援することができます。Widgetの1つで、名前の通り、TextViewの付加機能として実装されています。

AutoCompleteTextViewクラスのメソッドのうち

  • setAdapter(T adapter) ドロップダウンに表示するリストを設定
  • setCompletionHint(Char) ドロップダウンリスト最下段に表示されるヒント
  • setThreshold(int) オートコンプリート開始までの文字数(0以下は指定できない)

などを使うことで細かい制御が可能です。
Read more >>

技術書新刊 発売中

アンドロイドアカデミアには、CIやテスト、互換検証など実務に生きるノウハウをあつめています

技術書新刊 発売中

Android Next!はAndroid 7.0に対応したはじめての技術書です!


The Web Explorer 2はCSSの中央寄せやWebAudioなど未来を読み解く一冊です


Revised TypeScript in DefinitelylandはTypeScript 2.0(β)に対応した解説書です。インストールから型定義まで幅広くサポートしています


技術書をかこう!はエンジニアらしい執筆環境を構築、HowTo本です