Browsing articles in "リソース"

Activityを透過する

4月 16, 2011   //   by UpDown-G   //   ユーザインターフェース, リソース  //  No Comments

Androidでは、Activityの背景を透明にすることで、透明な画面を作成することが可能です。

画面を透明にすることで、ダイアログのみ表示されているかのような画面や、まるで画面遷移していないかのように振る舞うことができます。

それでは続きをどうぞ

Read more >>

チュートリアル:9patchで画像を作る

3月 22, 2011   //   by @mhidaka   //   リソース, 開発環境  //  1 Comment

Android SDKにはNinePatchを簡単につくるツール「draw9patch」が付属しています。9patchはビットマップイメージを高品位に拡大するためのフォーマットです。縮小には対応していませんが、1つの画像でいくつものサイズに対応できるため、効率的にアプリケーションサイズを圧縮できます。

右の画像ではTextViewの背景画像に9patchを適応したpngイメージを指定しています。2つのTextViewは改行の都合でアスペクト比が異なっていますが、9patchを使うことで背景画像のゆがみを抑制できています。

9patchまとめ

  • リソースを節約しつつ高品位な背景が作れる
  • 命名規則は画像のフォーマットに併せて最後尾に.9を付与(.9.pngなど)
  • 画像の左と上の端1pxは拡大範囲を表す
  • 画像の右と下の端1pxはコンテンツの範囲を表す(オプション)

以下は9patchの適用例(画像)です。

9patch適用前(background.png) 9patch適用後(background.9.png)

9patchチュートリアル

9patchの作成方法を解説します。作成するためのツールはSDKのインストール先のToolsディレクトリ(たとえばandroid-sdk-windows/tools/draw9patch.bat)にあります。

以下、続きます

Read more >>

Activityにアニメーションを付与する(TranslateAnimation)

2月 5, 2011   //   by UpDown-G   //   リソース  //  No Comments

Viewにアニメーションを付与する(Tweenアニメーション) では、Viewにアニメーションを付与する例をご説明しました。

Androidでは、Viewだけでなく、Activityそのものにもアニメーションを付与することができます。
今回は、指でActivityを横方向にスライドさせる方法を例に、Activityにアニメーションを付与する方法をご説明します。
それでは続きをどうぞ。。。

<uses-feature>要素でフィルタリングする

12月 28, 2010   //   by @mhidaka   //   リソース  //  No Comments

AndroidManifest.xmlで使う<uses-feature>要素は、アプリケーションを使う前提となるデバイス、ソフトウェアの機能を指定します。カメラアプリであればハードウェア的にカメラが搭載されていないAndroid端末へインストールされても使うことができません。未対応デバイスへのインストールを防ぐための要素です。

Androidマーケットでは、Android端末のデバイス、ソフトウェアの機能を確認して<uses-feature>要素を元に事前にアプリケーション一覧をフィルタリングしてくれます。「ダウンロードしたが利用できない」を防ぐためにも、必須デバイス/機能がある場合は記載したほうがよいでしょう。

Android 2.3では以下の<uses-feature>要素が増えました。
NFCやVoIP、5本指タッチなど、非常にたくさんの機能が追加されたことがわかります。

  • android.hardware.audio.low_latency
  • android.hardware.camera.front
  • android.hardware.nfc
  • android.hardware.sensor.barometer
  • android.hardware.sensor.gyroscope
  • android.software.sip
  • android.software.sip.voip
  • android.hardware.touchscreen.multitouch.jazzhand

記入例
AndroidManifest.xml

<uses-feature android:name="ndroid.hardware.nfc" />

続きにAndroid2.3での一覧を用意しました。

Read more >>

解像度・ピクセル密度の異なる複数の端末に対応する方法

9月 15, 2010   //   by kkato   //   リソース  //  3 Comments

各社から様々なAndroid端末が発売されていますが、それらの解像度は様々です。

現在、メジャーなのはWVGAでしょうか。DesireやXperiaなどの主力機種はWVGAです。Desireとほぼ同じハードウェアであるNexus OneもWVGAですね。国内で最初に発売されたAndroid端末であるHT-03AはHVGAで、海外に目を向けるとXperia miniやHTC WildfireなどQVGA端末も存在します。

では、それら全ての端末に向けてアプリケーションを開発しようとすると、別々のバイナリを用意する必要があるのでしょうか?

もちろん、その必要はありません。

Androidには画像リソースをDPI(dot per inchの略。ピクセル解像度。)ごとに用意することで、自動で端末のDPIに合わせた画像を読み込む仕組みがあります。

それでは続きで説明します。

Read more >>

リソースの多言語対応

7月 13, 2010   //   by @mhidaka   //   リソース  //  1 Comment

Androidは機器の状態、言語設定に応じて、アプリケーションのリソース(画像、文字列、その他Rawデータ)を自動で選択できます。

英語やドイツ語など各地域にあわせたリソースを用意するだけで、さまざまな地域へ向けたローカライゼーションが可能です。
今回は英語対応を例に、多言語リソースの使い方を解説します。

リソースの種類

リソースは右図のように、いくつかの種類があり、resディレクトリ以下に配置します。

drawableの中には画像、valuesの中には文字列、といった具合です。これらリソースの種類・タイプでプロジェクトのres以下の構成が決まります。
リソースの構成は多言語対応だけでなく、多解像度対応などでも重要な要素となります。

リソースとディレクトリの関係

ディレクトリ リソースの種類
anim/ アニメーション用
color/ 色の定義
drawable/ ビットマップ(.png .9.png .jpg .gif)、図形
layout/ レイアウト(UIの定義)ファイル
menu/ オプションメニューやコンテキストメニュー、サブメニュー用
raw/ バイナリファイル。mp3などInputStream
values/ 文字列(string.xml)などXML形式の標準りソース
xml/ 任意のXMLファイル。Resources.getXML()で利用

Read more >>

画像リソース

6月 5, 2010   //   by kseto   //   リソース  //  1 Comment

Androidでは画像データをDrawableというリソースで扱います。
Drawableで扱える画像データは以下のものがあります。

  • Bitmapファイル
  • Nine-Patchファイル
  • State List

では、それぞれのリソースについて詳しく見ていきましょう。

Read more >>

定数値リソース

5月 15, 2010   //   by kseto   //   リソース  //  1 Comment

今回は文字列や色、寸法などの定数値リソースについて詳しく見ていきます。

「色」に関するリソースはres/values/colors.xml以下に格納します。
ファイル名は任意です。

色リソースはcolors.xmlに以下のように記述します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
    <color name="background">#FFFFFF</color>
    <color name="foreground">#000000</color>
</resources>

Read more >>

リソースとは

5月 8, 2010   //   by kseto   //   リソース  //  1 Comment

Androidでいうリソースとはソースコードの外にあるデータのことを指します。
Androidでは以下のようなデータをリソースとして定義することができます。

  • 色(フォントや背景などの色を指定する数値)
  • 文字列(ボタンなどに表示する文字列値)
  • 寸法(ボタンなどのサイズを指定する数値)
  • 描画(PNGやJPGなどの画像)
  • アニメーション(アニメーション動作の定義情報)
  • メニュー(メニューに表示する文字列値)
  • レイアウト(アクティビティのレイアウト情報)

Read more >>

ページ:«12

技術書新刊 発売中

アンドロイドアカデミアには、CIやテスト、互換検証など実務に生きるノウハウをあつめています

技術書新刊 発売中

Android Next!はAndroid 7.0に対応したはじめての技術書です!


The Web Explorer 2はCSSの中央寄せやWebAudioなど未来を読み解く一冊です


Revised TypeScript in DefinitelylandはTypeScript 2.0(β)に対応した解説書です。インストールから型定義まで幅広くサポートしています


技術書をかこう!はエンジニアらしい執筆環境を構築、HowTo本です