Browsing articles in "Hacks"

コンテンツを非同期でサーバー送信する

9月 5, 2011   //   by @mhidaka   //   Hacks  //  No Comments

DefaultHttpClientを使ってコンテンツを取得するではDefaultHttpClientをつかってHTTPリクエスト(Get)を処理しました。
今回はPostリクエストを行い、サーバーへコンテンツを送ってみます。また、前回では簡単化のために説明を省いていましたが、HTTPリクエストなど非同期通信処理はUIスレッド以外で実施しないと、レスポンスが悪化したり、強制終了(ANR)の原因となったりします。Postリクエスト処理時にAsynctaskを使って非同期処理を行うのように、AsyncTaskで別スレッドを作成、非同期化を行うまでを解説します。

  1. HTTPリクエスト Postメソッド
  2. AsyncTaskによる非同期処理化

サンプルコードは続きから。

Read more >>

PreferenceActivityからIntentを呼び出す

8月 11, 2011   //   by UpDown-G   //   Hacks, アプリケーション  //  No Comments

アプリケーションの設定画面の作成時に、設定項目の中で別画面を呼び出したい時など、
PreferenceActivityの内部でIntentを使用したいケースがあると思います。
本エントリでは、PreferenceActivityからIntentを呼び出す方法を紹介します。

過去にTechBoosterでは、PreferenceActivityの使用方法を以下エントリで紹介しています。

PreferenceActivityからIntentを呼び出す方法は、設定画面を簡単に作るのエントリでも少し触れていますが、

本エントリでは、

1.onPreferenceClickメソッドを使用したIntent呼び出し
2.XML内部でのIntent呼び出し
cf. PreferenceCategoryについて

の2種のIntent呼び出しとPrefereneCategoryについて、紹介していきます。

Read more >>

Intentでオブジェクトを渡す

7月 23, 2011   //   by UpDown-G   //   Hacks, アプリケーション  //  No Comments

本ブログでも以下の記事にて紹介していますが、Androidには、Intentという強力なAPIが用意されています。

Intentを使って画面を遷移する(明示的Intent)
Intentを使ってアプリを連携させる(暗黙的Intent)

Intentを用いることで、異なったActivity間でデータ(文字列や数値など)を受け渡すことが可能です。
今回はこのIntentを用いて、オブジェクトを受け渡す方法を解説します。

Intentでオブジェクトを受け渡し可能にするには、少し工夫が必要です。
ポイントは、java.io.Serializableインタフェースimplementsすることで、受け渡すオブジェクト(クラス)をシリアライズする点です。
シリアライズについては、以下の記事も参考にしてみてください。

データを簡単に保存する方法(シリアライズ編)

今回は、英語、数学、理科、社会のテストの点数を格納したクラスのオブジェクトを渡し、受け側で情報を取り出して表示させるサンプルを例に解説します。

それでは続きをどうぞ

Read more >>

Androidのキー設定を変更する

6月 19, 2011   //   by UpDown-G   //   Android, Hacks, エンベデッド  //  No Comments

今回は、Androidへ入力するキーの情報の作成の仕方を説明します。
キー情報の作成は、Androidソースコード環境のBuildが必要です。TechBoosterでは、AndoridソースコードBuildに関する記事を取り扱ってます。
Androidのソースコードを入手する
Androidのソースコードをビルドする

Build環境が整っていない方は、本エントリを読む前に上記のエントリに目を通し環境を整えるといいでしょう。

キー情報の設定には2つの項目があります。
・keylayoutファイルの設定変更
・keycharsファイルの設定変更

以下続きにて、詳細な設定方法に触れていきます。

Read more >>

ContentProviderで端末内画像データを取得する

6月 10, 2011   //   by UpDown-G   //   Android, Hacks, アプリケーション  //  1 Comment

以前にTechBoosterでは、「ContentProviderからデータを取得する」においてContentProviderの使い方(Contact)を紹介しました。

本エントリでは、Mediaを管理するContentProviderから画像データを取得する方法を紹介していきます。

※詳細な説明の前に以下記事の内容を踏まえておくことをお勧めします。

また、SDカードの画像をContentProviderに登録するには以下記事が参考になります。

画像ファイルを取得する際の全体の流れは、以下の様になります。

  1. 画像ファイルにアクセスする為のレコードを取得する
  2. ID要素を用いて、Content URI を取得する

詳細は続きにて順に追っていきます。
Read more >>

Androidの標準Widgetを自作する(TimePicker) その①

5月 16, 2011   //   by UpDown-G   //   Android, Hacks  //  No Comments

Androidには、様々なWidgetが実装されています。
しかし、実際に使用するに当たり、取得したい情報が取れないなどの問題が起こる事があります。

今回取り上げる、TimePickerクラスでは、TimePicker#getCurrentHour() 、並びに、TimePicker#getCurrentMinute()を使用する際に、以下の挙動が起こります。

「+」「−」ボタンを押下時
想定通りに、入力値を取得出来る。

ソフトウェアキーボードからの入力時
入力が反映されず、変更前の入力値を取得してしまう。
※Focusが変更された時に入力値を反映するため。

今回から数回に分けて、TimePicker Widgetを自作し、上記課題を解決していきたいと思います。
その①では、AndroidOSが保持しているTimePickerと同等の外見を作成する所までを扱っていきます。

Read more >>

アプリケーションをアップデートした時にメッセージを出す

5月 8, 2011   //   by UpDown-G   //   Android, Hacks  //  No Comments

初回起動時に1度だけダイアログを出す方法ではアプリケーションの初回起動時にダイアログを出す方法を紹介しました。

今回は、アプリケーションをアップデートした時に処理を行う方法を紹介します。
アップデートした際のリリースノートの表示や、新規Helpの表示などに活用出来ることと思います。

アップデートの際に処理を行う事は、TechBoosterで過去に取り扱っている、以下記事を組み合わせることで実現できます。

詳細は続きからどうぞ。
Read more >>

初回起動時に1度だけダイアログを出す方法

5月 5, 2011   //   by @mhidaka   //   Hacks  //  No Comments

今回はアプリケーションの初回起動を判定して、ダイアログを出す方法を紹介します。

サンプルコードでは、SharedPreferencesを使い、初回起動を判定します。初回であればダイアログを表示、2度目以降であれば非表示にする等、表示処理を切り替えています。「はじめに」や「利用規約」、「簡単な使い方の説明」など頻繁に見せる必要は無いが、必ず目を通してほしい項目の表示に有効でしょう。
ダイアログ表示以外にも特定のActivityを表示するなどUIを変更したり、データ保存方法をアプリケーションの実装にあわせてSharedPreferences以外を選択したり、応用を考えてみてください。

本記事を読む前に以下内容について確認しておくとスムーズです。

ソースコードは続きから。
起動時の状態保存、初回ダイアログ、起動状態のクリアの3つのステップにわけて解説します。
Read more >>

Mac(SnowLeopard)でAndroidのソースコードをビルドする

4月 28, 2011   //   by kkato   //   Hacks  //  1 Comment

TechBoosterではLinux(Ubuntu)上でAndroidのソースコードを入手し、ビルドする方法を説明しています。

Linux上だけでなく、Mac OS X上でもAndroidのソースコードを入手し、ビルドすることが可能です。Gitを用いてソースコードを入手する方法や、ビルドコマンドに関してはLinux上と同様ですが、今回はMacでの環境構築方法Macならではの注意する点を説明します。

※今回はソースコードの入手、ビルド方法の説明は省きます。上記の記事を参照してください。

Linux上と異なりMacならではのポイントは以下の通りです。

  • 大文字、小文字を区別するディスクイメージの作成
  • MacPortsのインストール

それでは続きで説明します。

Read more >>

Androidのソースコードをビルドする

4月 24, 2011   //   by kseto   //   Hacks  //  3 Comments

先週は「Androidのソースコードを入手する」でAndroidのソースコードをGitサーバから取得する方法について紹介しました。今日は取得したソースコードをビルドし、ビルドしたAndroidをエミュレータで起動する方法について紹介します。

※2011/04/27 ビルド補助コマンドについて補足しました!

詳細は続きからどうぞ。

Read more >>

ページ:12»

技術書新刊 発売中

アンドロイドアカデミアには、CIやテスト、互換検証など実務に生きるノウハウをあつめています

技術書新刊 発売中

Android Next!はAndroid 7.0に対応したはじめての技術書です!


The Web Explorer 2はCSSの中央寄せやWebAudioなど未来を読み解く一冊です


Revised TypeScript in DefinitelylandはTypeScript 2.0(β)に対応した解説書です。インストールから型定義まで幅広くサポートしています


技術書をかこう!はエンジニアらしい執筆環境を構築、HowTo本です