Browsing articles in "エンベデッド"

Beagle Board xMでADBを使う

7月 25, 2011   //   by kseto   //   エンベデッド  //  No Comments

Tech Boosterではこれまでに評価ボードのBeagle Board xM上でAndroidを動かすための方法について解説しました。
Androidが動作するBeagle Board xMでは一般的なAndroid端末と同様にADBを使ったデバッグが可能です。

今日はBeagle Board xMでADBを使う方法について紹介したいと思います。

Read more >>

Beagle Board xMでAndroidを動かす(ソースコードビルド編)

6月 22, 2011   //   by kseto   //   エンベデッド  //  No Comments

「Beagle Board xMでAndroidを動かす(ビルド済イメージ編)」ではテキサス・インスツルメンツ社(以下TI)が公開しているAndroidのビルド済みイメージを使ってBeagleBoard xM上でAndroidを動作させる手順について紹介しました。今回はソースコードからビルドしたAndroidをBeagleBoard xM上で動作させる方法について紹介します。自由に改造したソースコードをビルドして、それをBeagleBoard xM上で動かすことができるので、自分で取り付けたデバイスをAndroidで使うことも可能です。

TI Android Gingerbread Devkit 1.0

今回はBeagleBoard xMの開発元であるTIが提供している “TI Android Gingerbread Devkit 1.0″ をビルドします。TIが推進するAndroidプロジェクトであるため、BeagleBoard xMも正式にサポートしています。

詳細は続きからどうぞ。

Read more >>

Androidのキー設定を変更する

6月 19, 2011   //   by UpDown-G   //   Android, Hacks, エンベデッド  //  No Comments

今回は、Androidへ入力するキーの情報の作成の仕方を説明します。
キー情報の作成は、Androidソースコード環境のBuildが必要です。TechBoosterでは、AndoridソースコードBuildに関する記事を取り扱ってます。
Androidのソースコードを入手する
Androidのソースコードをビルドする

Build環境が整っていない方は、本エントリを読む前に上記のエントリに目を通し環境を整えるといいでしょう。

キー情報の設定には2つの項目があります。
・keylayoutファイルの設定変更
・keycharsファイルの設定変更

以下続きにて、詳細な設定方法に触れていきます。

Read more >>

Beagle Board xMでAndroidを動かす(ビルド済イメージ編)

6月 12, 2011   //   by kseto   //   エンベデッド  //  1 Comment

今回は評価ボードとして人気のあるBeagleBoard xMに、ビルド済イメージとして公開されているAndroid(Gingerbread)を動作させる手順をご紹介します。

市販のAndroid端末ではファームウェアの書き換えを行うのには失敗すると起動できなくなるなどのリスクが要しますが、BeagleBoard xMではそのようなリスクもありません。また、ソースコードからビルドしたAndroidも動作させることができますので、独自に追加したデバイスを動作させることも可能です。

詳細はつづきからどうぞ

Read more >>

技術書新刊 発売中

アンドロイドアカデミアには、CIやテスト、互換検証など実務に生きるノウハウをあつめています

技術書新刊 発売中

Android Next!はAndroid 7.0に対応したはじめての技術書です!


The Web Explorer 2はCSSの中央寄せやWebAudioなど未来を読み解く一冊です


Revised TypeScript in DefinitelylandはTypeScript 2.0(β)に対応した解説書です。インストールから型定義まで幅広くサポートしています


技術書をかこう!はエンジニアらしい執筆環境を構築、HowTo本です