サイト移転のお知らせ:http://techbooster.org/に移転しました

Toastを表示してユーザーに通知する/Getting Startted

10月 7, 2011   //   by UpDown-G   //   Android, ユーザインターフェース  //  No Comments

Androidでは、Toastを用いて簡単にユーザーへの通知を行うことが可能です。

ダウンロード完了通知やユーザ登録完了通知のように、ユーザーの判断を仰ぐ必要のないバックグラウンド処理の完了通知などを行う際には非常に簡単で便利です。

例えば、以下に示すようにソースコードにたった一行付け足すだけで、図に示すようなToastの表示を行うことが可能です。

Toast.makeText(this, "Toast example", Toast.LENGTH_LONG).show();

主に利用するToastクラスのメソッドは以下の通りです。

メソッド概要
makeText(Context context, CharSequence text, int duration)Toastインスタンスの生成とテキスト、表示時間の設定
show()Toastの表示

詳しい使い方については続きにて解説します

Toastのインスタンス生成と表示

Toastの表示を行うには、以下の手順を踏む必要があります。

それでは上記順序に従ってソースコードを書いていきます。

(1)makeText()メソッドでインスタンス生成

まずはインスタンスを生成します。

インスタンスの生成にはmakeText()メソッドを用います。

Toast toast = Toast.makeText(this, "Toast example", Toast.LENGTH_LONG);

引数とその概要の関係は以下の通りです。

引数概要
第1引数コンテキストの指定
第2引数表示したいテキストの指定
第3引数表示時間の指定

第3引数の表示時間には、2種類のパラメータを利用可能です。

パラメータ概要
Toast.LENGTH_LONG表示時間を長めに設定
LENGTH_SHORT表示時間を短めに設定

(2)パラメータ(位置やテキスト)のセット

次に各種メソッドを用いてパラメータをセットします。こちらは特に必須というわけではありません。

利用可能なメソッドは以下の通りです。

メソッド概要
setDuration(int duration)表示時間の設定
setGravity(int gravity, int xOffset, int yOffset)表示位置の設定
setMargin(float horizontalMargin, float verticalMargin)水平・垂直マージンをパーセンテージで指定
setText(CharSequence s)表示文字列の設定
setText(int resId)リソースより取得して表示
setView(View view)Viewを指定

ここでは例として、表示位置(Gravity)のパラメータをセットしてトーストの表示位置を指定します。

toast.setGravity(Gravity.CENTER|Gravity.LEFT, 0, 0);

第一引数にGravity.CENTER|Gravity.LEFTをセットすることで、トーストの表示位置に画面中央左を指定しました。

なお、setGravity()メソッドでは、ほかにも以下のようなパラメータを設定できます。

パラメータ概要
Gravity.TOP画面上部に配置
Gravity.RIGHT画面右に配置
Gravity.BOTTOM画面下部に表示

(3)show()メソッドで表示

最後にshow()メソッドを使用してトーストを表示します。

toast.show();

表示されたトーストは下図のようになります。トーストの位置が左中央になっていることがわかります。

まとめ

Toastは、簡単に表示できて使い易いため、デバッグなどで用いる場合にも便利です。

また、カスタムすることによって画像の表示を行うといったことも可能です(こちらの記事を参照)。

最後に全体のソースコードを以下に示します。

public class ToastSampleActivity extends Activity {

	@Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);

        //ここからToast表示の処理
        Toast toast = Toast.makeText(this, "Toast example", Toast.LENGTH_LONG);
        toast.setGravity(Gravity.CENTER|Gravity.LEFT, 0, 0);
        toast.show();

        //一行で画面下に表示してみる
//        Toast.makeText(this, "Toast example", Toast.LENGTH_LONG).show();
    }
}

たった3行で表示できていることがわかります。

任意のタイミングで表示させてみましょう。

関連する記事:

Sponsored Link

Comments are closed.

技術書新刊 発売中

アンドロイドアカデミアには、CIやテスト、互換検証など実務に生きるノウハウをあつめています

技術書新刊 発売中

Android Next!はAndroid 7.0に対応したはじめての技術書です!


The Web Explorer 2はCSSの中央寄せやWebAudioなど未来を読み解く一冊です


Revised TypeScript in DefinitelylandはTypeScript 2.0(β)に対応した解説書です。インストールから型定義まで幅広くサポートしています


技術書をかこう!はエンジニアらしい執筆環境を構築、HowTo本です