サイト移転のお知らせ:http://techbooster.org/に移転しました

TextViewにWebサイトへのリンクを作成する

4月 2, 2011   //   by UpDown-G   //   ユーザインターフェース  //  No Comments

AndroidのViewの一つであるTextViewでは、WebサイトのURLメールアドレスに対してリンクを張ることが可能です。
今回は簡単な自己紹介画面を作成し、String型の文字列に定義したブログのURLやメールアドレスに、リンクを作成する方法をご紹介します。

続きをどうぞ

URLおよびメールアドレスにリンクを作成する

URLおよびメールアドレスにリンクを作成する方法は非常に簡単で、TextViewの属性を追加するだけで実現が可能です。
まず、String型の変数に、文字列として定義したURLとメールアドレスを、TextViewで表示してみます。

public class textview1 extends Activity {
	String nameStr ="seit";
	//ブログのURL定義
	String blogStr = "http://techbooster.jpn.org/";
	//メールアドレス定義
	String addressStr = "<メールアドレス>";

	@Override
	public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);
		setContentView(R.layout.main);

		TextView nameLink = (TextView)findViewById(R.id.name_link);
		TextView blogLink = (TextView)findViewById(R.id.blog_link);
		TextView addressLink = (TextView)findViewById(R.id.address_link);

		nameLink.setText(nameStr);
		blogLink.setText(blogStr);
		addressLink.setText(addressStr);
	}
}

ちなみに、nameLinkblogLinkおよびaddressLinkの各TextViewは、xmlファイルにて次のように定義されています。

<TextView
    android:id="@+id/name_link"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="wrap_content"
    />

<TextView
    android:id="@+id/blog_link"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="wrap_content"
    />

<TextView
    android:id="@+id/address_link"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="wrap_content"
    />

このままだと、上画像のように、URLとメールアドレスが、ただの文字列として画面上に表示されるだけです。
では、先ほどのURLおよびメールアドレスをリンクにしてみます。先ほどのTextViewの定義に、以下のように属性を追加します。

<TextView
    android:id="@+id/name_link"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="wrap_content"
    />

<TextView
	android:id="@+id/blog_link"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="wrap_content"
    android:autoLink="web"
    />

<TextView
	android:id="@+id/address_link"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="wrap_content"
    android:autoLink="email"
    />

autoLink属性を追加し、値をセットました。これだけで、下画像のように、URLおよびメールアドレスがリンクとなります。

リンクをタップすると、以下のようにリストが表示され、対応したアプリケーションが選択できるようになります。

ここで、URL押下時にはブラウザ、メールアドレス押下時にはメールクライアントがそれぞれ表示されるのは、属性に設定する値によります。
この値を正しく設定しないと、正常なリンクとなりません。メールアドレスのTextViewにandroid:autoLink=”web”を設定した場合、以下の例のように、メールアドレスにリンクは作成されません。

(例)メールアドレスにandroid:autoLink=”web”を設定した場合

autoLink属性には、以下の種類があります。

web URLのリンク作成
email メールアドレスのリンク作成
phone 電話番号のリンク作成
map 住所のリンク作成
all 上記すべてのリンク作成

HTMLタグを用いてリンクを作成する

TextViewにURLのリンクを張る場合には、autoLink属性を用いる以外に、もう一つHTMLタグを利用する方法があります。
※ここでは、HTML、HTMLタグとは何かについては、詳しく説明しません。

まず、HTMLタグの一つであるタグで囲まれたURLを含んだString型文字列を定義します。
属性hrefには、リンクさせたいサイトのURLを指定します。

String htmlBlogStr = "こちら<a href="\http://techbooster.jpn.org/\">Tech Booster</a>です";

定義した文字列を、HTMLタグを生かした形式に変換します。

CharSequence blogChar = Html.fromHtml(htmlBlogStr);

変換したCharSequence型文字列を、TextViewにセットします。

blogLink.setText(blogChar);

このままでは、リンクは表示されますが、リンクをクリックしてもイベントが拾えず、何も起きません。
そこで、TextViewに対してMonementMethodのインスタンスを取得し、セットすることで、イベントのリスナーを自動登録します。

MovementMethod mMethod = LinkMovementMethod.getInstance();
blogLink.setMovementMethod(mMethod);

以上で、下画像のように、「Tech Booster」の部分がリンク形式で表示され、クリックするとブラウザを選択することが可能となります。
HTMLを用いると、このように、直接URLではなく、文字列(ここでは「Tech Booster」)をリンクにすることが可能です。

全体のソースコードは以下の通りです。

public class TextLink extends Activity {
	String htmlNameStr = "<FONT color=\"red\"><I><B><BIG>seit</BIG></B></I></FONT>";
	//ブログのURL定義
	String htmlBlogStr = "こちら<a href="\http://techbooster.jpn.org/\">Tech Booster</a>です";
	//メールアドレス定義
	String addressStr = "<メールアドレス>";

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
    	super.onCreate(savedInstanceState);
    	setContentView(R.layout.main);

    	TextView nameLink = (TextView)findViewById(R.id.name_link);
    	TextView blogLink = (TextView)findViewById(R.id.blog_link);
    	TextView addressLink = (TextView)findViewById(R.id.address_link);

    	//TextViewをクリッカブルにする
    	MovementMethod mMethod = LinkMovementMethod.getInstance();
    	blogLink.setMovementMethod(mMethod);

    	//String文字列をHTMLタグを生かした形式に変換
    	CharSequence nameChar = Html.fromHtml(htmlNameStr);
    	CharSequence blogChar = Html.fromHtml(htmlBlogStr);

    	nameLink.setText(nameChar);
    	blogLink.setText(blogChar);
    	addressLink.setText(addressStr);
 }
}

また蛇足ですが、TextViewにHTMLを用いることで、上画像の「seit」のように、文字列に装飾を施すことも可能です。

String htmlNameStr = "<FONT color=\"red\"><I><B><BIG>seit</BIG></B></I></FONT>";

<FONT>タグで色(赤)を指定し、<I>タグで文字列をイタリック体に、<B>タグで文字列をBoldにし、<BIG>タグで文字のサイズを大きくしています。

関連する記事:

Sponsored Link

Comments are closed.

技術書新刊 発売中

アンドロイドアカデミアには、CIやテスト、互換検証など実務に生きるノウハウをあつめています

技術書新刊 発売中

Android Next!はAndroid 7.0に対応したはじめての技術書です!


The Web Explorer 2はCSSの中央寄せやWebAudioなど未来を読み解く一冊です


Revised TypeScript in DefinitelylandはTypeScript 2.0(β)に対応した解説書です。インストールから型定義まで幅広くサポートしています


技術書をかこう!はエンジニアらしい執筆環境を構築、HowTo本です