サイト移転のお知らせ:http://techbooster.org/に移転しました

スナップショット機能でエミュレータの起動を高速化する

7月 15, 2011   //   by kseto   //   開発環境  //  1 Comment

Androidアプリ開発のデバッグ環境としてエミュレータを利用している方も多いかと思います。
しかし、低スペックなPCを使っている場合、エミュレータの起動にはとても時間がかかります。

そこで今日はエミュレータの起動を高速化する小技として、スナップショット機能を使った
エミュレータの高速起動について紹介します。
詳細は続きからどうぞ。

AVDの作成

スナップショット機能を使うためにAVDを新規作成します。

AVDの新規作成画面を開くと「Snapshot」というチェックボックスがあるのでここにチェックします。
その他の項目は通常通りでOKです。

AVDの起動

新規作成したAVDを起動します。
起動時のオプションで「Save to snapshot」というチェックボックスを選択します。

初回起動時は通常通り時間がかかりますので、ここは少し我慢して待ちましょう。

スナップショットの保存

スナップショットの保存はAVDの起動後、AVDを通常通り終了させるだけです。
ウィンドウの「×」ボタンからAVDを終了させてください。
スナップショットの初回保存時は保存に少し時間がかかりますが、
ここで「×」ボタンを何度も押さないようにしてください。
正しくスナップショットが保存されない場合があります。

スナップショットの復元

スナップショットの復元は、AVDの起動時に「Launch from snapshot 」オプションを有効にして
起動するだけです。
前回保存されたスナップショットでAVDが高速起動します。

エミュレータを使って開発されている方は是非ご活用ください!

関連する記事:

Sponsored Link

1 Comment

技術書新刊 発売中

アンドロイドアカデミアには、CIやテスト、互換検証など実務に生きるノウハウをあつめています

技術書新刊 発売中

Android Next!はAndroid 7.0に対応したはじめての技術書です!


The Web Explorer 2はCSSの中央寄せやWebAudioなど未来を読み解く一冊です


Revised TypeScript in DefinitelylandはTypeScript 2.0(β)に対応した解説書です。インストールから型定義まで幅広くサポートしています


技術書をかこう!はエンジニアらしい執筆環境を構築、HowTo本です