サイト移転のお知らせ:http://techbooster.org/に移転しました

Webブラウザ(WebView)を利用する(1)

8月 5, 2010   //   by kkato   //   アプリケーション  //  2 Comments

AndroidにはWebKitベースのブラウザが標準で搭載されています。もちろん、自作のアプリからも利用することが可能です。

AndroidではWebViewクラスを用いることで簡単に利用することができます。

例えば下記の画像のように特定のホームページ(ここではGoogle)を表示するのに必要な行数は、たった3行です。


では、WebViewの使い方を説明します。

パーミッションの設定

インターネットを利用するので、パーミッションを設定する必要があります。

AndroidManifest.xmlに下記を追加します。

<uses-permission android:name="android.permission.INTERNET"></uses-permission>

loadUrlメソッド

WebViewに表示するURLを指定するにはloadUrlメソッドを利用します。引数にURLを渡すだけです。冒頭の画像の用にGoogleのサイトを表示させる下記の3行で行っています。

WebView webview = new WebView(this);
setContentView(webview, new LayoutParams(ViewGroup.LayoutParams.FILL_PARENT, ViewGroup.LayoutParams.FILL_PARENT));
webview.loadUrl("http://www.google.co.jp/");

もちろんWebViewの生成をソースコードで行うのではなく、レイアウトファイルに記述することも可能です。

<WebView android:id="@+id/web"
	android:layout_width="fill_parent"
	android:layout_height="fill_parent" />

goBack, goForward,reloadメソッド

一般的にはブラウザには進むボタン、戻るボタン、再読み込みボタンなどが付いています。それを実現するのがgoBack, goForward,reloadメソッドです。
履歴が存在して進むことができるか、戻ることができるかということを確認するにはcanGoForwardメソッドとcanGoBackを使います。

if (webView.canGoForward()) {
 webView.goForward()
}
if (webView.canGoBack()) {
 webView.goBack()
}

関連する記事:

Sponsored Link

2 Comments

技術書新刊 発売中

アンドロイドアカデミアには、CIやテスト、互換検証など実務に生きるノウハウをあつめています

技術書新刊 発売中

Android Next!はAndroid 7.0に対応したはじめての技術書です!


The Web Explorer 2はCSSの中央寄せやWebAudioなど未来を読み解く一冊です


Revised TypeScript in DefinitelylandはTypeScript 2.0(β)に対応した解説書です。インストールから型定義まで幅広くサポートしています


技術書をかこう!はエンジニアらしい執筆環境を構築、HowTo本です