サイト移転のお知らせ:http://techbooster.org/に移転しました

ClipboardManagerを使用してテキストのコピーと貼り付けを行う

3月 6, 2011   //   by kei_i_t   //   アプリケーション  //  No Comments

今回はテキストのコピーと貼り付けの方法を紹介します。

今回のサンプルは上段のEditTextから文字をコピーして下段のEditTextに貼り付けするサンプルを用意しました。(サンプルの取得はこちらからSVNなどを使用してダウンロードして下さい。)

※追記(2011/3/8):ClipboardManagerはAPI Level1(android.text.ClipboardManager)API Level11(android.content.ClipboardManager)の2種類ありますが、
今回の記事ではAPI Level1(android.text.ClipboardManager)の方を紹介しています。
Android3.0以上で開発する場合はAPI Level11(android.content.ClipboardManager)を使用する事が推奨されています。

詳細は以下から。

ClipboardManagerクラス

テキストのコピーと貼り付けはClipboardManagerクラスを使用します。

このクラスはシステムのクリップボードを使用するためのクラスです。

このクラスを使用する為に、まずはシステムのクリップボードからClipboardManagerクラスのオブジェクトを作成します。

ClipboardManager cm = (ClipboardManager) getSystemService(CLIPBOARD_SERVICE);

文字のコピーと貼り付け

では実際にテキストのコピーと貼り付けを行いましょう。

まずはコピーからです。

コピーにはsetTextメソッドを使用します。

setText (CharSequence text) 引数に指定した文字列をシステムのクリップボードにコピーします
cm.setText("コピーしたいテキスト");

次に貼り付けです。
貼り付けにはgetTextメソッドを使用してシステムのクリップボードからテキストを取得し、貼り付けたいオブジェクトに取得したテキストを渡します。

getText () システムのクリップボードから文字列を取得します
CharSequence cs = cm.getText();

関連する記事:

Sponsored Link

Comments are closed.

技術書新刊 発売中

アンドロイドアカデミアには、CIやテスト、互換検証など実務に生きるノウハウをあつめています

技術書新刊 発売中

Android Next!はAndroid 7.0に対応したはじめての技術書です!


The Web Explorer 2はCSSの中央寄せやWebAudioなど未来を読み解く一冊です


Revised TypeScript in DefinitelylandはTypeScript 2.0(β)に対応した解説書です。インストールから型定義まで幅広くサポートしています


技術書をかこう!はエンジニアらしい執筆環境を構築、HowTo本です