サイト移転のお知らせ:http://techbooster.org/に移転しました

Chronometerクラスを使って簡単にタイマー処理を行う

2月 13, 2011   //   by kseto   //   アプリケーション  //  No Comments

今日は簡単なタイマー処理を行うときに便利なChronometerクラスをご紹介します。
単純に時間をカウントアップしたいだけというような用途の場合には
Chronometerクラスを使うとシンプルに実装できます。

詳細は続きからどうぞ。

レイアウトファイル

まず、レイアウトファイルにChronometerを追加します。
format属性で表示時刻のフォーマットを指定することができます。

<Chronometer
	android:id="@+id/chronometer"
	android:format="chronometer:%s"
	android:layout_width="wrap_content"
	android:layout_height="wrap_content" />

コンストラクタ

Chronometerクラスのコンストラクタにはコンテキストの他、
AttributeSetやdefStyleを指定します。

  • Chronometer(Context context)
  • Chronometer(Context context, AttributeSet attrs)
  • Chronometer(Context context, AttributeSet attrs, int defStyle)

カウントアップの開始と停止とクリア

Chronometerのカウント開始と停止は
start()メソッドとstop()メソッドを呼び出すだけです。

// インスタンス作成
mChronometer = (Chronometer) findViewById(R.id.chronometer);

// カウントアップスタート
mChronometer.start();

// カウントアップストップ
mChronometer.stop();

また、カウントをクリアするには以下のようにします。

// カウントクリア
mChronometer.setBase(SystemClock.elapsedRealtime());

定期処理をさせる

setOnChronometerTickListenerを使えばChronometerクラスを使って
定期処理をさせることもできます。

// Chronometerイベントリスナーの登録
mChronometer.setOnChronometerTickListener(this);
// Chronometerイベントリスナー
@Override
public void onChronometerTick(Chronometer chronometer) {
	// ログに経過時間を表示
	Log.i("chronometer", "time:"+time++);
}

関連する記事:

Sponsored Link

Comments are closed.

技術書新刊 発売中

アンドロイドアカデミアには、CIやテスト、互換検証など実務に生きるノウハウをあつめています

技術書新刊 発売中

Android Next!はAndroid 7.0に対応したはじめての技術書です!


The Web Explorer 2はCSSの中央寄せやWebAudioなど未来を読み解く一冊です


Revised TypeScript in DefinitelylandはTypeScript 2.0(β)に対応した解説書です。インストールから型定義まで幅広くサポートしています


技術書をかこう!はエンジニアらしい執筆環境を構築、HowTo本です